「仕方なく」をやめて、最高の未来を見続けた主婦

今日は、この本の紹介。

「仕方なくパートで働く普通の主婦が起業する本」

主婦って年々減っていってる職業なのに、

主婦って、なりたくてもなれない人がいるのに、

なんて贅沢な人なんだろう。

わたしは、著者に大して思っちゃったんです。

普通の主婦って、

旦那さんがちゃんと毎月稼いでくれて、

毎月やりくりをきちんとして、

家事も家族のこともしっかりやって、

普通って案外、普通じゃないことの方が多い。

今回は、この本でわたしが行ったワークの結果や

参考になったところや感想をシェアします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仕方なくパートで働く普通の主婦が起業する本 [ 小桧山 美由紀 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

楽天で購入

 

 

共感できるところ

主婦が小さくお小遣い程度に仕事をしていくことは

リスクは低い。

その点に関しては、小さく始めることで、主婦とか関係なく、いいと思います。

やりたくないことのリストアップ

わたしもやりたくことリストアップしてみました。

やりたいことはわからなくても

やりたくないことは案外すんなり、私たちはわかっているものなんです。

「やりたくない」、「なりたくない」と思うことは?

わたしは、本著以外でもやりたくないはリストアップしたことが何度もあり

そのたびに手放しをしてきた方なので、

あんまり出なかったですが

出てこないことはない。

わたしの今のやりたくない・なりたくないことリスト

  1. あくせく働きたくない
  2. 汚い部屋で過ごしたくない
  3. 人の多い地域に住みたくない
  4. 忙しくしていたくない
  5. お腹いっぱい食べたくない
  6. 体型が崩れたくない
  7. 娘を感情のままに怒りたくない

最近は、やりたくないことは全くしていないので、やりたいことがより浮き彫りになってきた気がします。

それに一旦あげてみましたが、今現時点では、そうなってないので、

逆に、わたしって、めちゃくちゃ幸せじゃん♡って思えてきました。

ちょっともやっとする主婦時代の考え方

著者は、最初の章で、主婦時代に、モヤッとしたことを

つらつら書いています。

わたし自身は、そのモヤッとに対して、モヤッとしています。

もっと別の視点がある気がするなあと思ったです。

  • 子どものための学費や部活動などの費用、
  • 節約ばかり気を使っていたくない
  • 家事に追われたくない
  • 子どもに苦労させたくない
  • ママに言っても無駄と思われたくない
  • 子どもにイライラをぶつけたくない
  • 毎日文句や愚痴を言っていたくない
  • 夫に依存して行きたくない

などなど、あったんですが、

わたしは、主婦であってもいますぐにそうなれると思ってます。

起業したから、モヤッとが解消されるというのではなくて、

起業の過程で、マインドが高くなり、それが解消されていったに過ぎない。

著者は、旦那に会社員卒業をプレゼントしたと書かれていました。

なんだかモヤっと。

本来旦那さんも自由なのに、

あたかも会社員じゃなくなることが「善」というニュアンスが見え隠れしていて

ちょっと違うなあと思っちゃいました。

旦那さんは会社員でいることを選べるし

会社員時代だって会社員じゃない選択肢を選べたんです。

それに逆の法則が働いているのも不思議なもので、

妻が今までより急に稼ぎ始めると、旦那は逆に

稼ぐより家庭に入っていくのは、自然な流れなのかもしれません。

主婦でも、起業していても、

なりたい自分には今からなれることができる。

わたしは、そう思います。

まとめ

今のわたしだったら、専業主婦さいこ〜♡って言って楽しむかも。

まあ、今のわたしは、専業主婦というより、無職の家事手伝いという感じなので、

専業主婦ってめっちゃいいし、今もめちゃくちゃ最高に幸せって思ってます。

だけど、子育てがひと段落したら、

外にでたくなるときがくるかもしれない。

外に出て、いろんな経験をしたいと思うことがあるかもしれない。

そんなときに、

この本を読むと、行動するための一歩を踏み出せると思う。

わたしにも何か社会の役に立つことができるかも。

わたしにも得意なことが活かせるかも。

わたしだって、できるかも。

そう思うことができると思うんです。

女性は特に

理論やウンチクよりも心の声を受け取りやすいと思うし、

子育てを経験したからこそ、活かせることもある。

両学長も主婦だったら起業した方がいいと言っていました。

主婦が最高〜♡なら主婦を楽しんでいる方がいいと思うし、

主婦という未来ではなくて、自分がわくわくするもっと別の未来を

思い描けるのであれば、別の未来でもいい。

未来、今、過去は同じ次元にあるのだから、

今この瞬間から、いきたい方を選べばいい。


そんなことを考えた一冊でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仕方なくパートで働く普通の主婦が起業する本 [ 小桧山 美由紀 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

楽天で購入

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

無職のシンママ|笑美心のマインドを日々磨いている|子育て中でも1人時間をいかに確保するかを考えている|投資家|あらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠、お金)を手帳に書き、叶え続け笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。