「好き」に理由は必要ない

おからが大好きな私。

地元にあるお豆腐屋さんへ行って、大量におからをもらってきて、母に卯の花を作ってもらい、毎日食べています。

そんな毎日も幸せなのですが、

おからのお菓子を作ってみよう!とふっと思い立ち、おからクッキーを作ってみました。

♡きな粉のおからクッキー

きな粉は丹波の黒豆が入ったきな粉を使いました。

香ばしくて、おいしかったです。
焼き立ては、サックサク。時間が経つと、ザクザクでした。
父母もおいしいと高評価。

♡ココアおからクッキー

ココアの風味がほんのり。出来立ては、しっとり。置いておくことでどんどんザクザクしてきました。
砂糖を少なめにしたので甘みはほんのりに。甘いラテなどと飲む方が良さげ。

♡八女茶を入れたおからクッキー

クッキーからお茶の香り。噛むほどにお茶の味がしっかり出てきました。

好きに理由はない

なんで、こんなにおからが好きなんだろう・・・

と不思議に思うのですが、好きに理由なんて要らなんですよね。

好きだから、食べたい。

好きだから、これをしたい。

心がきらっとするから好きなんだと思うのです。

好きに理由づけをした瞬間、感覚から思考へシフトして、好きが好きなのかわからなくなる。

思考が挟んでくると、自分の好きがわからなくなってくるのですよね。

好きは好き、それだけでOK。

おからクッキーとのペアリングハーブティー

今回は、カモミールラテと合わせて、いただきました。
市販のスティック状のラテとカモミールを茶器に入れて熱湯を注ぎ、5分ほどおきました。まあまあな味だったので、もう少し研究が必要ですね。

おからクッキーは、食べるたびに若干水分をとられていくので、水分は必須。

ハーブティーで水分を取りながらいただくことで満足感も高く、お腹も心も満たされます。

娘がお昼寝中の昼下がりに、束の間のほっと一息。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。