「子は親の鏡」だからこそ、こどもには愛の言葉を浴びせたい

第二回目のELM講座で明日香さんからいただいた言葉。

子は親の鏡

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもはみじめな気持ちになる
子どもをバカにすると、ひっこみじあんな子になる
親が他人を羨んでばかいりると、子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
褒めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
優しく、思いやりを持って育てれば、子どもは優しい子に育つ
守ってあげれば、子どもは強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

この本に書かれていたことだな〜っと思い出した。


私が娘を産む前に読んでいた本。

何気なく読んでいた本が、ここに繋がっていたなんて。

全ては未来に繋がっているんですね。

どんな言葉をプレゼントしたい?

子どもたちに

娘に

どんな言葉を浴びせたいのか?

っと言われると、やはり愛のある言葉であり、勇気づけの言葉。

だからこそ、私が発している言葉が娘を作る。

娘にも生きやすい愛のある世界で生きてほしいという願いがあるので

私のためにも「愛ある言葉」をいっぱいいっぱい浴びせてあげよう。

そう思った。

言葉の威力がわかりやすく説明されている明日香さんの動画をシェア。

 

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。