【妊婦健診11回目】里帰り先で受診し、心から安心できた話

通っていた病院から早めに里帰り先の病院へ受診するように言われたので、早速受診してきました。

里帰り先の病院は、健診もすべて院長先生が行ってくれます。東京で通っていた病院と比べて至れり尽くせり。

助産師さんがお腹を拭いてくれたり、優しく声をかけてくれたり、院長先生も何か不安なことがないかとよく話を聞いてくれ、処置に関しても丁寧に説明してくださいました。

また無料で4Dエコー写真も頂きました。

私が産まれた産院で私も安心して産むことができることに感謝しきれません。

妊婦健診時の健康状態

◻︎血圧:94/48
◻︎体重:54㎏
◻︎子宮底長:33㎝
◻︎尿検査:浮腫ー 尿タンパク+ 尿糖ー

出産する病院の健診は、尿検査のあとに助産師さんが体重測定を目視で確認。その数値を助産師さんが記入してくれました。服の重さ500g引いてくれなかったので、言い訳をしちゃいました。

しかし、体重に関して10kgも増えていないことや今のところ6Kgくらいのプラスなので頑張りを褒められ、嬉しかったです。

これ以上体重を増やしたくないので、次の健診も、薄着かつ食事管理もしっかりしていかないと!と思いました。

そのほかは溶連菌の検査と内診をしました。院長先生からお腹の張りについてやはり意見がありました。

私もお腹の張りが気になっていたので、次回までゆっくり休もうと思います。

娘の成長

娘は、この数日で大きくなりました。耳と骨です。

体重は、2392gです。院長先生からは大きめで出産の時は3200gくらいになるだろうとのことでした。

お顔が見れなくて残念でしたが、次回楽しみです。

次回は

お初であるNSTを行う予定で、30分くらい横になって測定するそうです。

娘が元気だということがよりわかるそうなので楽しみです。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。