【産後クライシス、子育て中に泣ける曲】アンパンマンの歌は神曲

子どもの頃にはわからなかったこと。

アンパンマンの歌。

アンパンマンの歌を大人になって久しぶりに聞くと、この歌こんなに深かったんだ〜と新しい発見があります。

<アンパンマンの歌の歌詞>
何のために生まれて
何をして生きるのか
答えられないなんて
そんなのは嫌だ今を生きることで、あつい心燃える
だから、きみは生きるんだ、微笑んでそうだ。嬉しいんだ、生きる喜び。
たとえ胸の傷が痛んでも。あんあん、アンパンマン。優しいきみは、いけ!みんなの夢、守るため

泣けました。

何か気づきを与えてくれる曲。
アンパンマンは、子どもだけでなく、大人にも勇気を与えてくれる素晴らしい存在です。

今を生きることで、
しんどいこともつらいと感じることも全てベストで、

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。