これからの時代に必要なマインドは、ほんとうの自分で生きていい!

わたしは毎日のようにYouTubeを見ているのですが、

たまたま浅見帆帆子さんのYouTubeを発見し、

見入っちゃったんです。

特にわたしは、「流れが良くなる最強の方法」と言う動画が大好き。

わたしは、

「感謝」を大事にしていて、この動画の帆帆子さんの考え方に共感。

帆帆子さんは、この動画で

「人はうまくいっているときや運がいいなあと感じているときは

人は自然と感謝をしたくなる。」

「なので、感謝をするとすると自然と流れが良くなる」と言われています。

帆帆子さんのYouTubeを流し聞きしていたら、

なんと帆帆子さんが新刊を出されると言うことを耳がキャッチ。

この新刊のタイトルと表紙の絵を見た瞬間に、

これはわたしに必要な本だ〜!!

と感じたんです。

その日がちょうど新刊の発売日。

Amazonで頼もうとしたんですが、明日になる・・・

今読みたい。。。

わたしは田舎に住んでいるから、本屋さんも小さくって

帆帆子さんの新刊はあるだろうか・・・

電話をしてみたんです。

そしたら、なんと!なんと!

一冊だけある!と。

早速取り置きしてもらい、購入して、即読みました。

今回は、「やっと本当の自分で生きられる」の本を読んでの感想や

気づきをご紹介していきます。



この本のわたしが大好きな項目

ここからは

わたしが、心に残った大好きな項目をご紹介したいです。

絶対にうまくいく「王道」はこれだ!

みなさん、なんだと思いますか?

わたしは、波動?潜在意識?っとか

帆帆子さんだから引き寄せかな〜とか思ってたんです。

冒頭で、

衝撃的なのは、帆帆子さんは、

「王道」や「うまくいくマニュアル」とうものは無くなってきています。

っと書いてあるんです。

だけど、最後に、

人によって、心地よいやり方や方法、形は多種多様で

本人が居心地よくわくわくしているか

それがうまくいく王道になっている

と帆帆子さんは言っています。

わたしも思い当たることは合って、

ドキドキと言うよりは、うちに秘めたわくわくを感じているときは

すごく冷静で高い視点で物事を考えられて、

今この瞬間を生きている。

そういうときは、心が満ち溢れていて、なんとなく周りからも感謝される。

これからは、より自分にとって必要なことは、

自分の心が示してくれるんだと感じました。

望んでいることと避けていることを引き寄せる

帆帆子さんは、この章でこう言っています。

わたし自身が強く時間をかけて考えていることをそのまま引き寄せるだけで、

引き寄せの法則には善悪の判断がない。

「○○にはなりたくない」「○○だけは嫌だ」

という重い肩をすれば、その○○が引き寄せられる。

わたし自身、思い当たることばかり・・・。

シングルマザーになりたくない。そう2020年に思ってました。

投資家になりたいと思い、積立 NISAやリスクのある投資をしたり、

家でのんびり過ごしたいと思っていたら、無職になった(笑)

最近では、なにを強く思うかでそのまま現実になると思うと

わたしの貴重な時間の中で

不安になったり、イライラしたりすることが

とってももったいないと思うようになってきました。

お金にわくわくした動きをさせる

帆帆子さんは、

お金を引き寄せたいときは、そのお金によって何がしたいのかを考えることが必要と言っています。

お金は、使って、回して、動かすから新しいエネルギーが生まれるし

エネルギーが増えていく。

貯金も将来への漠然とした不安からくる動機で貯金するのではなく

未来のわくわくする目的での貯金は、ためている間から豊かさを味わえているので

次のわくわくを生み出す。

わくわくしていることにお金を使うことが、

お金にわくわくした大きな動きをさせることになる、

そうわたしは、感じました。

わたしは、前回の投稿で、お金を失った話をしました。

わたしは、お金を出すときに、愛とわくわくでお金を旅立たせました。

なので、今回お金が戻ってこないことがわかっても、

大きな経験と知識、そして、マインドを手に入れることができたと感じています。

多分、今回失った金額以上のものが巡ってくると思うんです。

わくわくして出したお金には、エネルギーが乗っているはずですから。

予想外のことが起きたときの最強の思い方

帆帆子さんは、

「それを失敗と捉えない」

っと言うことを書かれています。

失敗、運が悪い、もうだめだ、

そう思わずに、

「もしかしたら、そっちの方がいいのかもしれない」

と思うこと

先ほども書きましたが、

わたしは大金を失ったとき、

最初は、

  • わたしのバカバカばか〜
  • なんで失敗したの〜
  • もうどうすんの

そうわたしを責めたり、相手先に対して怒りが込み上げてきました。

だけど、

継続セッションをしてもらっているナルフィンや帆帆子さん、

陽転思考の和田裕美さんの本、お金の大学の両学長など

たくさんの方のマインドを聞いたり、知ったり、

自分の心を整えていたので、数時間後には、愛と言う視点で

捉えられるようになっていました。

自分でも自分の成長に驚きました。

  • 今、ストップがかかったのは、わたしに何かを教えてくれているサインなんだ、
  • これは、次のステージに行くための最終みそぎなんじゃないか
  • うまくいっていたら、調子に乗っていたのかもしれない
  • 今、この瞬間の豊かさに目を向けることができた

一瞬、動揺したとしても、すぐに思い直すことができ、

幸せの感覚や心地よさを維持することができたんです。

帆帆子さんは、予想外のことが怒ると

「あ、面白いことになってきた」と捉えているそうです。

その捉え方、いいな〜と思ったので、取り入れてみます!

娘は、なんでも面白そうで動いてるんですよね〜

子どもはすごいなあ。

気が乗らないで選んでいい

帆帆子さんは、

気が乗らないと言う曖昧な感覚も立派な直感であると言っています。

気が乗らないのは、「気」が乗っていないから・・・・

そんな時にそれに進んでも、うまくいくはずはありません。

気が乗らないと選択して良いのです。

わたしは、先日、知り合いのフリーランスの方から異業種交流会という名の

フリーランス方のお茶会に呼ばれました。

そのときは楽しく話せていて、わたしのスキンケアの講座を開いてくださることに

なったんです。

スキンケア講座の日、わたしは体調が思わしくなかったんですが

オンラインだったので頑張って参加しました。

やっと終わった後、次はいつ会いますか?という話になり、

わたしはちょっともやっと心がしていました。

なので、いったん距離を置くことにしたら、心がすっきり晴れて

からだが軽くなったように感じたんです。

多分、今、そのタイミングじゃないんだと感じました。

ナルフィンは、よく、動くタイミングになったら勝手に動きたくなります。

そう言ってくれています。

帆帆子さんも同じで

直感は、その物事にとってベストなタイミングがあって、

「それ良いね〜!」を送ってくれていると。

気が乗らないのは、大事な直感。

わたしも気が乗るときにしかブログが書けません。

まとめ

帆帆子さんの本って、

言葉がすっごく優しくてほわーんとしたトーンで書かれているんですが、

内容から感じるエネルギーはめちゃくちゃ強い。

読んだときの状態によっても、受け取れるものが違ってくる。

自分自身の心の示す「わくわく」や心地よさで決めて良いのだからこそ

日頃から自分を整えていくことがすっごく重要。

自分のことを卑下せず、蔑ろにせず、自己否定しない。

自分の幸せを優先して良いのだから。

自分の幸せを優先する方が、周りにとってもいいんです。

 

本著は、わかりやすく育児や家事のスキマ時間でもちょこちょこ読めます。

子育て中のママさんにも

シンママの方にも

ぜひ、自然体で生きていきたいと思っている方にはぜひ読んでいただきたい一冊です。

この絵が可愛いです。





ABOUTこの記事をかいた人

無職のシンママ|笑美心のマインドを日々磨いている|子育て中でも1人時間をいかに確保するかを考えている|投資家|あらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠、お金)を手帳に書き、叶え続け笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。