はっちゃん食堂

3月2日にはっちゃん食堂へ行ってきました。

はっちゃんのユーチューブ動画を旦那ちゃんから見せていただき、感動したので、会いたくなったのです。

浅草から両毛線に乗って、いざ、群馬へ。

 

 

 

 

 

 

 

2時間半くらいかかりました。

はっちゃん食堂へは、12時前に到着。

まず思ったことは、はっちゃん食堂ってプレハブじゃん笑

 

 

 

 

 

入り口はどこ?どうやってはいるの?という疑問から始まりました。ちなみに招き猫がいました。

 

 

 

 

 

 

 

入ると地元の人っぽいお客さんがいっぱい。びっくりしました。

入り口に入るとおじさんが、、、、。前払いということで、500円を払う。どこに座ればいいのかわからなかったのですが、席をつめてもらったりして、パイプ椅子へ着席。

それから、バイキングへ。お皿はどうすればいいのかわからなかったのですが、周りのお客さんを見て、食器棚からお皿を取って盛り付けるんだ〜と察する。

いざ、バイキング!家庭料理がたくさん並んでいました。

昆布巻き、ブリの照り焼き、シャケ、すいとん、さかなの焼いたもの、エリンギ、手羽先の煮付けなどなど。ゆーっくり味わいました。「はっちゃん、ありがとう」といって帰りました。お土産を買っていたので、私たかったのですが、勇気がなく。厨房の裏口からこっそり、「はっちゃん、お土産。元気でね!」っって渡しました。はっちゃんから、「?」って顔されちゃったけど、話せてよかった。

はっちゃんは、確かに地元の方の笑顔を創っていた。美味しくて、みんなに愛されてるはっちゃん。

私も「希望ルーム」みたいなサロン、作りたいな笑

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。