わざわざ、疲れることを選ばない

なにごともうまくいくようになるには、

不要なエネルギーを手放すこと。

もったいからと言って、必要以上に食べたり、

安いからという理由だけで、選んだり、

お金をせっかく払ったんだからといって、ときめかないモノゴトをしてしまったり。

そんなことをしちゃうと、自分のエネルギー漏れが起こってしまう。

わざわざ、疲れさせない。

日々の生活の中で結構大事だなぁ〜。

カフェ風看板の体験

カフェ風看板を作ってみようという講座に参加。

リフレッシュできたり、
遊び心を育てられるかなぁ〜

とか思いながら、楽しみにしていました。

実際やってみての感想は

めっちゃ疲れた!
私、DIYむかない!

でした。

ヤスリで板を削ったり
ドリルで穴を開けたり、ネジを入れ込んだり
寸法を測ったり

あー私、しんどいなぁ〜って感じてしまいました。

でもね、

これを経験するまで、なんとなく重労働作業ってしたくないなぁ〜程度くらいしか思ってなかったんだけど、

あ、私、これはやらない方がいい

そう思えたんです。

重たいものを持ちなくない

DIY系はめんどくさい、苦手なんだ

っということが再発見できました。

っということは、

「これは私がしなくても誰か得意な人がやってくれること」なのです。

苦手でもできるようになろうとしなくていい

苦手なら任せよう

不要なエネルギーを使わないようにするには、

「苦手なことや強くやりたくない」っということはやらないに限る。

そして、今はなんとなくしたくないという気持ちも大事にすること。

看板を作ってみて、
達成感はあった。
そしてむかないモノゴトがわかったことが一番の成長。

ABOUTこの記事をかいた人

無職のシンママ|笑美心のマインドを日々磨いている|子育て中でも1人時間をいかに確保するかを考えている|投資家|あらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠、お金)を手帳に書き、叶え続け笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。