カラダの声を聞く

昨日は、夜にお菓子を食べ過ぎて朝からダルさマックスでした。

お菓子を食べすぎると、カラダはだるいし、朝スッキリ起きれないし。

心もネガティブ寄りになってしまうんです。

食べる過ぎるのをやめたいと思いつつ、なぜこんなに食べてしまうのだろうと

考えると、

カラダや心が疲れている時、食べすぎる傾向にあるな〜と見えてきます。

ということは、カラダや心の疲れを食べ物以外でとってあげればいいのです。

カラダを動かしたり、ショッピングに行ったり、好きなものを食べさせてあげたり。

好きなものがそのお菓子だから食べてしまうんですね。

早く気づいて対処してあげれば、食べすぎることはないのですが、そういう時もある。

もう、切り替えて

私は、「満たされている」そう思って、過ごしちゃいましょう。

落ち込んだりイライラしたり、といった雰囲気で過ごすよりも、満たされたんだな〜と

ありがたい気持ちで過ごしましょうね。

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛されるスルメ妻|エレガントプレママ&生きるパワースポット妻のマインドを日々磨いている|お酒と主人、一人遊びをこよなく愛す元ネガティブ社畜保健師|ネガティブぼっち姫歴20年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。