コロナワクチン接種をする方に伝えたい2つこと

10日にコロナワクチンを打ったのですが

接種した日は特になにもなーく経過したんです。

お酒も飲んじゃってましたし。

 

なので、翌日もどうもないだろうと起きた朝。

 

おお、どうもなかった

ラッキー

 

そう思ってたんです。

腕がだるいなぁ〜

くらいだし、

発熱や頭痛なんて、一部の人でしょ〜

大袈裟だなぁ〜と思っていたわたしに

今となっては諭したい。

インフルエンザのような副反応にぐったり

娘を保育園へ送ったあとから

徐々に徐々に忍び寄る悪魔。

接種して16時間後の8時過ぎに

バッチリ

38度まで熱出ました。

それからワクチンと免疫との戦いが繰り広げられるのです。

悪寒

腹痛

頭痛

関節痛

 

のオンパレード

つらいなあ

だるいなぁ

布団に寝てないとダメで

 

ああ

これも経験だなぁ

 

ワクチンをこれから打つ人たちの参考になればいいなと思い、

ブログに残しました。

11日はずーっと38°以上の高熱や倦怠感、頭痛、関節痛で寝込みましたが

翌日の12日の朝には

37°代に熱が下がり

体もちょっと動けるようになりました。

熱は昼前には平熱に戻り、ちょっと頭痛があるかなぁ〜くらいで元に戻ったと思います。

コロナワクチンを打つ前日までに

熱が出ても食べやすいものを買っておくことは必須だと思いました。

  • ゼリー
  • フルーツ系のジュース
  • ポカリ
  • ヨーグルト  などなど

わたしは知り合いの看護師さんから高熱が出たと聞き、

2回目を接種する前日に用意しておいたので、助かりました。

娘のお世話は実父母が協力してくれて

助かりましたが、

ひとり親の場合は、接種した翌日はだれかの助けを借りれるような体制を事前に作った方がいいと思います。

 

これからコロナワクチンを接種する方に伝えたいこと

 

声を大にして言いたい!!

1回目接種で、副反応が出なくても2回目は出る可能性が高い

接種日の翌日が休みの日に打った方がいい

副反応が起こっても

家族がてんやわんやにならないための工夫を

事前に考えておくことが1番重要です!!

ABOUTこの記事をかいた人

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。