コントロールできることを変えよう

コントロールできないことに躍起にならないことが大事。

できないことにあくせくしてもどうしようもなくって、
私たちができることは、コントロールできることに向き合うこと。

それが、事故から学んだこと。

コントロールできることって?

私たちは、
起きた出来事をなしにしようとしたり、
他人を変えようとしたり、
うまくいかないモノゴトをなんとかうまくいかせようとしたり

してしまいがち。

だけど、それは、コントロールできないこと。

コントロールできるのは、自分の思考や行動を変えること。

自分がコントロールできることにスポットを当てて、小さな一歩で

現実を変えていく。

私、昨日、物損事故を起こしたんです。

アイスを娘と二人で食べに行った後に。

この笑顔の後に、トラブルを起こしてしまうとは知る由もない笑顔です。

娘と2人で遠出できた喜びに満ちていました。

しかし、油断しちゃったんですね。

前方不注意により、他人の小屋に左サイドミラーを激突させ、他にも何箇所か損傷を起こしてしまいました。

古屋の柱も折れてしまい、保険でなんとか直してもらうことに。

なんの縁だかわからないけど、古屋の主人は、父の同級生でした。

事故を起こした出来事は変えられない。
離婚する事実は変えられない。
娘の歯の怪我も変えられない。

だけど、変えられるのは、そのあとの思考や行動は変えられるんです。

事故を起こして見えてきたもの

家族のサポート

事故を起こして、被害者の気持ちや加害者の気持ちが分かったんです。

こんな惨めな思いをするんだ、
こんな虚しい思いをするんだ、
こんな悲しい思いをするんだ、
こんな心配事を抱えるんだ、

何にもない日常が本当に愛おしく思えてくるのです。

そして、いろんな人が助けてくれて、気を遣ってくれた。

父は、すぐに駆けつけてくれた。

母は、泣いている私に寄り添ってくれた。

娘は、私を笑顔にしてくれた。

弟は、同期で車を購入してすぐ事故った人の話をしてくれて、慰めてくれた。

私を支えてくれている家族がいることが、すっごくありがたいと思えたんです。

父が、私に言うように
「これからの運転を慎重になればいい」

事故を起こしたと言う事実は変えられないけど、
そのあとの思考や行動を変えればいいんです。

迷惑をかけた人へは、謝りとお詫びと感謝を何度も言いました。
そうやって、信頼を取り戻していく。

失敗を恐れる私

事故を起こしたあと、振り返りをした私。

事故を起こしたくないから、運転したくないという思いでいっぱいでした。

父の顔に泥を塗ってしまったんじゃないかと思ったんです。

そして、私は、事故を起こす人間なんだから、運転しないほうがいいと言う思考が出てきたんです。

私は、失敗をすることが怖いんです。

大きな失敗しないように失敗しないように生きてきたんです。

失敗をしないすっごい私を演じてきたんでしょうね。

そんな私って、どうなんだろうと思うのです。

娘からしたら、窮屈でしょうね。

欠点のないママがいると、苦しいかも知れない。

完璧なママって、子供にとってはつらいのかもしれないと思うのです。

実際、私は、母のことを完璧だと思っていたんです。
私を含めて三人の子育てもして、家事もこなして、仕事もして。

だけど、娘を産んで、よくよく聞いてみると、手抜きしていたらしいのです。

娘を産んで、母からは手を抜くことを言われていました。

だけど、母もできていたんだから、私もできるんだと思って、頑張っていました。

完璧なママになろうとすればするほど、苦しい現実。

そんな母の姿を見ていたら、娘も失敗して迷惑をかけたくないと言う気持ちが増幅するんだと思うんです。

私がそうだったように。

失敗していいんだよ。
次、失敗しないようにどうすればいいか考えよう。

そう言ってくれる実父母がいるんです。

私もそうなることが大事なんです。

失敗から逃げることばかり考えるんじゃなくて。

そして、運転でも人生でも重要なことに気づけたんです。

目的地を決めたら、
前を向く。
よそ見しない、よそ見していたら、トラブルに巻き込まれることもある。
トラブルがあったら、必ず振り返る。
よそ見しないで、前を向いて、目的地にたどり着ける一歩を踏み出していく。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。