シングルマザーでも豊かな生活が送れる人とそうでない人の違い

先日、シングルマザーを経験して、今はステップファミリーを築いている女性と

話していて、

思ったんです。

わたしと娘って、貧困じゃないっと。

 

一般的に、母子家庭は貧困の方が多いと言われています。

 

だけど、わたしは正直貧困じゃないんです。

 

家はあるし、※実家だけど

養育費や失業保険、バイト代などの収入もあるし、

投資で月いくらか不労所得を得ているし、

手元にある貯金も400万強ある。

 

休日は、父が娘を連れて、いろんな経験を娘にさせてくれることで

わたしの一人の時間を持てている。

 

そんなわたしとそうじゃない人の違いってなんだろうと思って考察してみたんです。

 

もし参考になれば幸いです。

これは、わたしはすごいんだよっとひけらかしたいわけじゃなくて、

ひとり親家庭でも豊かになっていける習慣やマインドを身につけたらいいんだよ

っとお伝えしているだけなので、

こういう考え方もあるんだな〜程度で見ていただければと思います。

違い1 貯蓄率が高い

要は、貯金できる力が高いということ。

貯蓄率というのは、

年間貯蓄額÷手取り年収

で求められます。

こういう貯蓄率が高い人というのがお金持ちであり、

貧困を抜け出す近道となります。

 

 

仮に、年間貯蓄額が50万円で手取り収入が200万円の人の貯蓄率は、

50万÷200万=25%

たとえ、手取り年収が1000万あったとしても年間貯金額が0円なら、

貧困から脱出することは不可能なんです。

 

年収でいくら稼いでいるかよりも

大事なのが、

貯蓄率!

どれくらいためていけるかの方が大事なんです。

 

貧困でないシングルマザーは、リスクをしっかり考えています。

結婚する際も、最悪のリスクである離婚になったとしても

自分自身が自立して稼ぐことができるという自信もあるんです。

そういうリスクを踏まえて、貯蓄しておく。

たとえ、離婚時点で貯金がなくても、貯蓄率を高めるためのスキルや能力がある。

 

だからこそ、

痩せた牛が来ても、なんとか乗り越えることができるくらいの蓄えを

ためておくことができているんです。

蓄えと言っても

貯金以外にも

資格やスキル、知識の習得や

経験や人脈に投資しておくことも大事です。

 

どこに、どれくらいの配分で投資をするのか

そういうリスクも考えつつ、今の生活を充実させるためのお金を使う。

貯蓄率は高い方がいいですが、自分や家族の心が荒んでは本末転倒。

それぞれが、心地よい範囲の貯蓄率を目指すと良いと思います。

違い2 家族や友人の人間関係が良い

不足の事態に陥った時に頼れるのが

家族や友人です。

シングルマザーになるときは特に

精神的ストレスは並大抵なことではないのです。

離婚や別居のストレスは

借金500万円を抱えた時のストレス以上なんです。

 

それに加えて

金銭的不安や経済的不安、

仕事や住まい、環境の変化が加わると

もうどうにかなりますよ。

そういう時に支えてくれる人の存在はかなりデカい。

わたしは家族が支えてくれました。

里帰り中で一緒に住んでいたので

わたしが発狂してしまったときや

発狂する前に娘を見てもらったり

わたしに今後の将来の生活を考える時間や

少しでも不利のないような離婚戦略を考える時間をもらえました。

 

幸福の土台は豊かな人間関係です。

子どもや元夫との関係が崩れているときこそ

自分たちではもう解決できなくなっているのですから

周りを頼って

立て直すか損切りを早くするしかないんです。

豊かな人間関係は資産です。

目に見えない無形資産

 

これを大事に築いていけるからこそ

離婚という出来事も

うまく昇華して次に進めるんだと思うのです。

経験を俯瞰できたときに、

この経験もありがたいと思える。

そうなったシンママはなんにでも幸せを感じられます。

違い3 決断ができる

自分の人生を自分で切り開いていくという意志がある人です。

全て自分の決断の結果だと受け止めているんです。

 

不幸になる最短の近道は、

全て他人任せにすること。

 

養育費を元夫任せにしていませんか?

離婚も元夫の主張ばかり優先していませんか?

誰かのせい、あの人のせいにっと他責ばかりしていませんか?

 

選択を自分で行うことで、幸せを感じられます。

自己決定が、幸福度をあげるんです。

 

自分の人生に責任を持っており、

これからどうしていくか、

家族みんな幸せになるためには、どうすればいいか

自分で決断している人には、強い意志があり、幸福度が高いんです。

そういう人は、周りが応援してくれたり、助けてくれ、

サポートをもらうことができて、必ず豊かな人生を送ることができます。

 

シングルマザーは、離婚という選択を自分で選び、決断した方ばかりだと思います。

元夫という他人に振り回される人生ではなく

自分の人生を生きると決断した方ばかりだと思うのです。

だからこそ、自分で決断して、自分の人生を満足せていきましょう。

まとめ

誰しも自分らしく生きていいんです。

自分のために、家族のために生きているシングルマザーだからこそ

もっと自由に生きていい。

 

自由にというのは、好き勝手ということじゃなくて

自分の気持ちに正直に、

愛のある行動をとっていっていいということ。

 

豊かにならないといけないというわけじゃなくて、

豊かになれば、自由が手に入る。

やりたいことをやれる自由

行きたいところに行ける自由

休むことができる自由

時間、お金、人の自由が手に入ったら、心はもっと楽になると思うのです。

 

愛のあるシングルマザーだからこそ、一緒に幸せになっていってもらえたらなと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

無職のシンママ|笑美心のマインドを日々磨いている|子育て中でも1人時間をいかに確保するかを考えている|投資家|あらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠、お金)を手帳に書き、叶え続け笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。