パートナーと喧嘩をすると見えてくる自分の特徴

喧嘩した後のブレイクタイムに、ほうじ茶とお菓子を頂いてます♡

今回の喧嘩は、食器の後片付け。

食器使ったら拭いて食器棚に戻しておくこと約束。

何度も出来ない日が続き、その度にやろうねと。

一度そのことで大喧嘩して、お互い拭こうね、やろうねと約束したにも関わらず、この状態。

私が厳しいというのはわかるのですが、なぜ忘れちゃうのかな〜と。

ご飯を作るのは私なので、必然的に食器が置いてあれば、私が片付けることになるので、私の負担を減らすために、主人もやってほしかったのです。

できないだろうなぁとわかっていても、言わずにはいられない私。

言うとちょっとだけスッキリします。

喧嘩は私にとっては、全くネガティブなことではなく、逆にポジティブなことだと思っています。

なぜかと言うと

主人と喧嘩すると、毎回私の特徴が再発見できます。

先日も主人と喧嘩。

主人は、何があっても動じないし、鈍感力があります。また、臨機応変な行動ができ、大勢の前で話すことも苦でなくできます。

話も上手で、大勢の場で話すことも台本なしでできるのです。

すぐ忘れるとこも主人の強み。

スケジュールもスケジュール通りになるようにできませんし、そもそもスケジュールが達成できないスケジュールを組んだりするのです。

例えば、

8時に原宿の美容院で9時半から家の掃除とか。

近所ならわかりますが、家から片道30分以上かかる場所でかつ、髪を切る時間を考えると無理ではないでしょうか。。。。

突っ込みたくなるスケジューリングです。

その点私はというと、

時間を逆算してスケジューリングを立ててその通りに行動できるし、先を見越して物事を早めに進めることができます。

また、自然とこれをやっておくと効率がいいなど、過去の出来事やデータを頭の中で分析して物事を決めていけます。

また微妙な変化にすぐ気づく、敏感な性分でもあります。

しかし、臨機応変なことはやりたくないし、決められたことをやることの方が好き。

大勢の前で話すことは出来なくないのですが、台本が必要ですし、突発的な質問が来るとうろたえます。

器用なのである程度頑張ればなんでもできるのですが、人前に出るのは好きじゃない、というか嫌いです。

過去の記憶もほとんど覚えています。

パートナーは自分の鏡

自分を映し出してくれる有難い存在です。

そんな主人に感謝しつつ、私は主人と喧嘩をすることを楽しんでいるのでしょうね。

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。