一休みや休息は、次に行くために必要なこと

物事が一気に進む時期とそうでない時期がある。

物事がなかなか進まないときって、自分自身が腐ってしまいそうになる。

なんで思い通りにいかないのか・・・

自分は留まり続けているんじゃないか・・・

成長していないんじゃないか・・・

そういうときって、一旦止まることが必要な時期なのだと思う。

音楽では、音があり続けることはなく、楽譜には必ず休符がある。

書道にも、「ため」「止め」という一旦、筆を止めることがある。

1日のサイクルでも必ず休養という睡眠をとる。

こうしたいのに、できない。こうしたいのに進まない。

そんな時は一休み一休み。

この時は、意識的に休むを意識することで、次のステップへのエネルギーになるんです。

次に行くときには、すっごく大きなエネルギーが必要になるので、ためておく必要があるんですね。

満タンにためておくことで、次のステージやステップへの移行がスムーズに進むのです。

ここ数日、物事が一気に進んでいたので、今まったりモードの私。

焦らずに、「時を待つ」ですね。

●育児の合間に幸せになる一歩
昨日、運が良かったことを3つメモする。
午前中にいろんな媒体から気になったフレーズをメモする。
そのメッセージから、今日の私ができることをメモする。
できることを実行してみる。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。