優先順位のない世界。楽しめてワクワクするものからやってみよう

母からいただいた「ゆげ製茶の和紅茶

ほうじ茶のような香ばしさ。

後から紅茶の風味が出てきて、楽しめるお茶。

渋みや苦味が少なくて、飲みやすく美味しいです。

こちらの和紅茶を飲みながら、
ハーブティー専門家でありコーチングをされているみかまるさんのオンラインコーチングお茶会へ参加。

情熱を持ってお仕事されているお料理教室の先生たちとご一緒させていただき
私とは全くちがう感覚の世界で、
いろんな人がいるということを私に教えてくださいました。

優先順位を考えないやり方

私は、どうしても優先順位をつけようとしてしまうのです。

今の私の悩みは、やりたいことがいっぱいいっぱいあるのに、
娘の育児が一番時間を割かれていて、やりたいことがちょっとしかできなかったり、
進まないことがあること。

したいことがいっぱいあるのに、
体力と時間が足りない。

娘の育児が一番であり、それ以外の余力分を優先順位をつけて、
やっているけど、もどかしい。

参加者にどう優先順位をつけているかを聞いたところ、

なんと

誰も優先順位をつけていなかった。

∑(゚Д゚)

何を初めにやるかの基準は

すぐできて、やっていて楽しく・面白いからやっている。

でした。

それが結果的に、必要のないものはやらないで済んでいるそう。

私は、嫌なことでも先に・早めにやってしまって、片付けたいし
スケジュールをある程度くんで、タスクをいくつか書いて、
消していくことが嬉しいタイプ。

いろんな人がいるんだな〜っと改めて実感できた瞬間でした。

どっぷり子供との時間にひたる

今回参加された方の中には、子どもが小さい頃は、
子育てにどっぷり専念したという方が多く、
どっぷり専念していたときは、お仕事よりも子どもを優先していたそう。

そして、子育てに専念したことをとても良かったと満たされた顔でお話いただきました。

それを聞いて、

私って、なんでもかんでも、得ようとしすぎていると思ったんです。

私は、心から娘と一緒に過ごせることを望み、
それが今できている環境に、十分感謝しているのです。

しかし、これもあれもしたい!っという欲が出てくるのです。

私自身、祖母に育てられたようなもので、父と母はほとんど家にいなかった。
だからこそ、娘が小さい頃は一緒にいて、地球を楽しみたいと思うのです。

コロナで、みんなが0スタートになっていて、リセットされる。
そう、みかまるさんは言っていました。

本田健さんも言ってたことで、
私は、それを聞いてワクワクするのです。

しかし、出遅れるんじゃないかという焦りがあるんだと気づきました。

焦って、やっても、うまくはいかないことはわかっているので、
今は、右手であるスケジュール管理や計画性は置いておいて、
左手の心の感覚で、進んで行こうと思います。

2023年12月末のゴールを見据える

お茶会の最後に、
2023年12月に「こんな生活をしている」というイメージをみんなで共有しました。

その時出てきた私のイメージに

私自身が驚き∑(゚Д゚)でした。

田舎暮らしをしていて、家庭菜園や畑をしながらのんびり暮らしている。

田舎の空き家をリフォームして、空き家を貸し出し、カフェや教室、サロンをやりたい人に
貸し出して、夢を応援している。

今のような、のんびりとした時間に追われない生活をしながら、
娘と遊び、笑顔で楽しく過ごしている。
そして、大好きな本を読み、本に囲まれて、日々過ごしている。

あれれ、
今までと全然違う夢を描いていて、自分自身が驚いてしまったんです。

叶うかどうかは、行動してみないと分かりませんが、
最近は、不動産投資をしている人が周りに集まってきているので
もしかすると実現するのかも?っとワクワクしています。

ハーブティーを飲みながら、本を読んで一日過ごす生活。
この上ない私にとっては幸せな生活です。

そう気づかせてくれたお茶会とご縁で繋がった参加者のみなさまへ感謝です。

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。