初めて買った娘へのプレゼント

「お腹の中にいる」。

存在だけはわかるけど、

目に見えない娘。

母としての一歩として、初めて娘のものを買った。

「娘に似合うかなぁ〜」と、まだ見ぬ娘の想像を膨らませながらお洋服を選ぶ。

初めての娘へのプレゼント。

選ぶときお腹をどんどこ叩いてこれが良いってアピールした一着。

急に動き出して驚いた。

コンビミニの肌着とドレスオール。

娘も良いもの好きなのかなぁ〜、私に似たんかな〜っと思いながら、レジへ。

値段に一瞬驚くが、いっぱい着せていっぱい写真を撮ろう!と母は決意したよ。

産まれてから3カ月は、自分のこともままならない時期なので、その時の目の保養が可愛い娘だと育児も楽しそうです。

帰宅後、主人へ見せると主人も可愛いと言ってくれ、「癒されるから」と主人の机の横にあるワイングラスたてにかけていました。

誰かの幸せのためにプレゼントをする、そんな些細なことで心があったかくなり、

このお洋服を3カ月後には娘が着て、笑っている姿、そんな明るい未来を想像するだけで、人は幸せになるのですね。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。