協議離婚をするなら公正証書はマスト

シングルマザーを決意するなら、

必ず公正証書を作成すること。

私は、主人とのLINEのやりとりだけで公正証書を作成しました。

LINEの文章だけでは、相手の気持ちや背景が全く読み取れず、

何度も

ここは承諾できない
ここだけは認めてほしい

などのやりとりが苦しくて苦しくてなりませんでした。

こんなにしてまで作成する必要があるのか…っというと

厳密にはあるんです。

養育費の不払いが起こった場合

財産の差し押さえができるんです。

だから、相手が払わなくなった時は即公証役場へ電話し差し押さえです。

しかし、ここで3つ重大なことを覚えておく必要があります。

それは、

  1. 相手の財産がすっからかんの場合は、強制執行しても取れないこと
  2. 相手の口座がわからない場合は、強制執行する口座がわからないので、できないこと
  3. 養育費の未払い分を請求できるが、100%戻ってくるかはわからないということ

ですが、協議文章だけでは、法律的な拘束力もないわけで

絶対に公正証書はマストです。

私たちは

  • 離婚の合意
  • 親権
  • 養育費
  • 面会
  • 預貯金
  • 通知義務
  • 精算条項

の8つの項目で作りました。

財産分与が預貯金に当たるのですが、数十万しかないので預貯金としてます。

 

問題は、公証役場に2人で行くことなんです。

公証役場は、全国どこでもいいんですが、

1歳娘を連れて飛行機に乗って、主人のところまで作りに行くなんて、しんどい。

主人が来ればいいのですが

ここに来て、契約書の締結をしないと公正証書は作らないと言い始めています。

公証役場で公正証書を作ることで締結になるのに、なぜ?

公正証書の内容には合意しているのに、この書面での契約を締結する意味は?

離婚したいんだよね?

相手の関心ってなんだろう。

そう考えると、体が重くて、だるくなるので、
心と体を守るために、事務的に返事をしました。

遠隔離婚も通常の離婚と同じように神経すり減らします。

お風呂入って充電しよう!

ABOUTこの記事をかいた人

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。