吸引力はダイソン並み

命を分け与える痛み

生後85日目の娘との生活や授乳も軌道に乗ってきまして、精神的余裕が出てきた矢先。

 

子育てというのは、一つクリアーしたら、次の課題が、

次から次へと必要なステップが用意され、クリアーしたと思ったら次へと。

終わりが見えない。子育ての終わりなんてないのでしょうね。

 

完母で育てることができている私。

生後3ヶ月を過ぎたら里帰り終了になります。

里帰り先から飛行機で自宅に戻るのですが、外出先での授乳が心配で仕方がない。

なんせ授乳クッションなしで授乳したことが数える程しかなく、その数える程度の授乳時は、すべて失敗。

娘がうまく飲めない。

いつもと体制が違うからなのか、うまく吸えずすぐに離す。

うまく吸えないから、泣きわめく。

ゲップもうまく出ないから不機嫌。

吸えないから、ガス抜き程度しか吸われなかった乳は張って苦しい。

それだけでなく、慣れない姿勢での授乳は私の肩や首を酷使し、負担大!しんどい。

 

娘の吸引力はダイソン並みに強く、腕をチュッチュされると、赤く痣が残るのですが、

うまく乳首が吸えないと、吸っている最中に離す。そうなると、乳首負傷し、乳首が痛い。

乳首が引っ張られ、長く伸びる始末。

引っ張られる痛さも加わり、より痛い。

出産前までは、授乳=幸せな気分、と思い込んでいたが、実際は、痛みを伴うものだった。

授乳初心者の時期は慣れるまで痛い。しかし、慣れてくると痛くは無くなってくるということが
やっとわかった頃に、授乳クッションなしでの授乳が必要な状況。授乳クッション、神アイテムだと痛感。

首が座れば授乳クッションなしでも授乳しやすいらしいのだが、今どうするか。
持ち運べる授乳クッションがあればいいのに、、と嘆いてもどうしようもない。

授乳クッションなしでの授乳ができることが、次の課題である。

乳首負傷をいかに防ぐか。

授乳という命を分け与えることは、授乳をしている人にしかできないこと。

痛みを知って愛を知る。

この痛みも娘からの愛であり、ダイソン並みの吸引力があるからこそ、
私の愛をいっぱい体に取り込んでもらっていると

思うだけで、

なんだか愛おしくもなってくる。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。