奪い合うのは、恋愛

アマゾンプライムの「奪い愛、冬」を見ています。

産後、主人のことが好きなのですが、受け付けない私がいて、「恋愛」関係のドラマを見らたら

もう一度、当時の気持ちを取り戻すのかな〜と期待してみているのですが、

逆に、登場人物たちは「結婚」ではなく「恋愛」を楽しんでいるんだな〜、刺激が好きなんだな〜と

しみじみ思いました。

「愛」は奪うものではない。与えるものなのです。

自分自身が、自分に対して与え、そして漏れ出した愛を他人に与える。

奪うからこそ、奪われるし、奪おうと思わない方が上手くいく。

奪いあいをしている時点、その環境自体を悲劇として登場人物たちは四苦八苦してますが、

奪い合う行為を楽しんでいる風にも感じます。

そして、そのドラマを見ている私も。

独身時代を思い出して、刺激のある関係もあったな〜と懐かしい気持ちを思い出しました。

恋愛は、疲れます。振り回されるし、相手の機嫌を見たり、駆け引きなど。

育児もそうですね。子どもに振り回される瞬間もあります。

恋人はもうこりごりだけど、「家族」っていいな〜と「奪い愛、冬」を見て思いました。

人生は、ドラマと考えると。一度は、強烈な恋愛をしてみたりするのもドラマチックかも。

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛されるスルメ妻|エレガントプレママ&生きるパワースポット妻のマインドを日々磨いている|お酒と主人、一人遊びをこよなく愛す元ネガティブ社畜保健師|ネガティブぼっち姫歴20年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。