妊娠中に前向きになるためのコツ

妊娠初期から妊娠後期にあたるまで私が特に悩まされていたのは、自分のメンタルコントロールがうまくいかないこと。

ネガティブ、だるさ、無気力

その時にやったのが、
せっかく妊娠して命を宿しているのだから、あれもこれもやりたい!楽しみ尽くしたいと言う思いから、何から何までこなすことに必死になっていたこと。

体重管理も必死
何とかしてでもマタニティ イベントに参加する
試供品のゲット
出産後の家計シミレーション

などなどひたすら予定管理、体重管理、そして仕事の管理。

管理管理の連続
そして我慢我慢の連続

そんななか、やったほうが良いだろうと思って、やってしまった絶対良くなかったことがこれ。

【どんな妊婦でいたいか、理想の妊婦を考えていたこと】

ありのままを許可すること

私の妊婦のイメージは、笑顔で幸せオーラ全開のキラキラでした。

しかし実際は、笑顔で居続けるなんて難しい。
ホルモンバランスの乱れによるイライラ、不安、焦り、抑うつ
体重が徐々に増えるごとに、体が重くなり、歩くのもしんどい。行動範囲が狭まる。息切れ、だるさ。
睡眠も乱れ、ずーっと眠たかったり、眠れなかったり。
頭の回転が悪くなる。

そんなダメダメな妊婦と思っていた私は、改善すべく理想を書き出し、できることをやっていました。

しかし実際はできない。できないが続いて落ち込む。

こんなことなら開き直ればよかったのですが、一度決めたらやり通したいと言う無駄に意思は固くて…

妊娠中の方、
今のままで良いんです。

何かになろうとしなくてもいいんです。

小さな命とともに自分らしく、穏やかに居続けること。

分かってはいるができない気持ちもわかります。私がそうであったから。

しかし産後は特に自分の無力をしります。
できなくて頼ることがたくさんです。

頼っていきましょう、できなくていいんです。キラキラ妊婦なんていないのですから。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。