子どもの体調不良に気づけない母はダメ親?

娘が風邪を引き始めていた時に、最初に気づいたのは、実母でした。

実母が、「せきが出ているようなんだけど、気をつけていたほうがいい」と言っていて。

私は、その時、「○○(娘)ちゃんは、風邪に強いから大丈夫だよ〜」っと軽く流していました。

そしたら、翌日鼻水、咳がひどくなっていて。でも、娘は元気いっぱい。歩く歩く。

風邪の症状は前日より悪くなっていましたが、家で安静にしておくのではなく、私の予定があり外出したのです。

その後も娘の風邪は長引いていて、私の中には、自分を責める声でいっぱいでした。

  • 一緒にいながら、なぜ娘の変化に気づけないの
  • 風邪を軽視して、ほったらかしているの
  • ダメな母親
  • 風邪をひいているのに、外出させてしまった
  • 自分のことばかりで、娘の変化に気づけていなかった、自分勝手な親

自然と、自分を自分で責めて、苦しめていました。
その言葉を誰かから言われたわけではないのに。

自分で自分を攻撃して、苦しめているんです。

そういうこと、みなさんありませんか?

ブスと言われたわけじゃないのに、自分はブスだと思っていたり
太っているわけではないのに、自分は太っているから痩せないといけないと思ったり
私は、嫌われているんだと思ったり
私なんて、っと過小評価したり

自分で自分の首を絞めていることに気づかないことが多い。

自分の心と向き合うようになり、自分の心の声をキャッチできるようになったことで、私は気づけるようになりました。

今回の出来事も、自分を責めてもどうしようもない。
だからこそ、今に集中しました。

今に集中し、捉え方を変える

ママだって、ママ歴10ヶ月なのだから、慣れていないんだよ。
ダメな母親って評価はできないよね。
この経験を活かせばいい。
悪化しなかったのは、娘の食事・睡眠が十分に取れていたからかも。私が、娘の生活サイクルがちゃんと整えられていた証拠。
完璧を求めようとしているよね。人は誰しも完璧じゃないんだよ。失敗するんだから、そこから学べばいいんだよ。

手帳に書き出して、前向きに捉え直しました。


そうすることで、自分はダメなんだ・・というスパイラルに陥り、笑顔で家族に接することができなくなることを防げた気がします。

娘の初めての風邪。
子どもが風邪をひくってどういうことか、身を以て経験し、親子ともに健康であることのありがたみをより感じた出来事。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。