強制シャットダウンしたい夜

ベッドに潜り込んで

眠りにつこうとしている時が

案外怖い。

 

みないようにしてきた不安や

どうなるかわからない未来への恐怖

あの人はわたしのことをこう思っているのかもしれない…っと

相手の感情を読んでクヨクヨしたり、

わたしには生きる目的もないし、明るい未来もなさそうだと絶望し、

人生は長すぎて、つらく感じたり。

 

目を閉じれば、真っ暗な世界の中を

頭だけが高速回転。

ハッピーなことよりも、ネガティブと捉えてしまったことばかりが

目の前に現れて、手のつけようがない。

 

真っ暗な夜の中で、

眠りにつくまでの時間は、

案外孤独。

 

ゆっくりログアウトできればいいのに。

それができなくて

強制シャットアウトしてしまう。

幸せなまどろみをもう一度感じながら

ログアウトしていきたい。

 

まどろみって極上の幸せなのだ。

ABOUTこの記事をかいた人

無職のシンママ|笑美心のマインドを日々磨いている|子育て中でも1人時間をいかに確保するかを考えている|投資家|あらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠、お金)を手帳に書き、叶え続け笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。