愛と情。情ではなく愛のエネルギーを選ぶ

素敵なパートナーシップを築いている人を見たり、近づいたり、関わりあったりすると

素敵なパートナーシップを築ける

って直感リーディングのナルフィンさんが言ってたことを思い出して、

素敵なパートナーシップを築いている人を思い浮かべたんです。

元保健師の先輩が思い浮かんだんですが、

距離もあるし、ここ数年お会いしていないので、ピンッとこなかったんです。

そんな時にYouTubeでマツダミヒロさんとWAKANAさん夫婦の動画を拝見して

とてもいい気づきがあったのです。

愛と情は真逆のエネルギー

マツダミヒロさんとWAKANAさんは共に再婚同士のカップルなのですが、

お互いを補い合い、自分らしくいられるパートナーシップであるように感じる雰囲気を醸し出していました。

動画の最後の方でWAKANAさんが言っていた言葉がこちら。

愛と情は真逆のエネルギー。

情ではなく、愛のエネルギーで選択することで、モノゴトが循環する。

今までは、情をかけることでうまくいく時代であったが、
これからの時代は、情をかけることでうまくいかなくなることが増えていく。

 

情は、
「この人かわいそう」「この人のためにやってあげなきゃ」「私がもっとやってあげなきゃ」「私が助けてあげなきゃ」
っと思うもの。

情になると、「愛」とは真逆のことをやってしまう。

 

愛は、信じること。

自分を愛することとは、自分を信じている状態。

これを聞いて、ハッとしました。

私は、主人に対して、「情」の感情になってしまっていたんだと。

主人に対して、私が支えなきゃ、もっと主人が自由にできるようにしなきゃ、

って思っていたんです。

愛ではなく、情でした。

しかし、私は、これからは「愛」の選択をしていくと決めたんです。

だからこそ、主人と別れて、主人が幸せであるように、主人の夢を実現できるように去っていく。

私と離婚したいと言った主人の気持ちを尊重して、許し、愛を選んでいく。

私は、また素敵なパートナーと出会って、結婚すると思うのです。

その時に、愛のある選択をたくさんたくさんしていけばいいんです。

自分を愛すること

なにがあっても信じること。

さらに、リラックスしながら、豊かで幸せになれることを。

ただただ信じてあげる。

不安になっても、
ちょっとイヤな現実を周りから言われても
前向きに考えられないときも
楽しいと思えないときも。

どんなときでも自分を信じてあげる。

信じるために、リラックスするんです。

ゆるむんです。

お風呂に入ったり
あったかいハーブティーを飲んだり
お笑いの動画をみたり
散歩したり

自分の好きなことをやってみる。

そうすれば
また自分を愛せるようになるんだ。

そう思えた出来事。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。