授乳で得られるスッキリ感

授乳育児も軌道に乗り、次のステップは離乳食に突入している娘。

すり下ろしたりんごやバナナ、10倍粥はなんとか食べれるようになりました。

それ以外の食べ物は、嫌な顔。

離乳食が進むとおっぱいの回数も減っていくのかな〜と思うと寂しくなります。

最近気づいたことなのですが、授乳後におっぱいをいっぱい吸ってもらった後の感覚がなんとも言えない気持ち良さがあることに気づきました。

授乳後に感じる気持ちよさとは、

スッキリ感

そして

心地よさ

幸福感

授乳前はぱんぱんになっているおっぱいが、娘が飲んでくれたことによりマシュマロおっぱいへ変貌を遂げると、

デトックスされたような

砂時計の最後のスーッと落ちる砂のような

むくみが軽くなったような

モヤモヤが晴れたような

心が軽くなったような

運動で汗をしっかりかいたあとに風が吹いて気持ち良さを感じた瞬間のような

スッキリ感を強く感じ、気持ちがいいです。

あー吸ってもらって、スッキリした〜と。

 

授乳中は娘と体を寄せ合って、お互いの肌や息づかいを感じ、

お互いがシンクロしたんじゃないかと思うくらいの感覚とそれに伴う幸せな気持ち。

授乳後の娘の満足そうな寝顔や笑顔。みるだけで心がほんわかして、心はエネルギージャージされたような感覚。

私、クセになっているのかもしれません。

娘のダイソン並みの吸引力に最初はあたふた、やめてーと泣いていた自分。今となってはいい思い出。

授乳後のスッキリ感、分かる人にはわかる感覚だと思う。

飲みっぷりとスッキリ感は比例するので、

娘のがっつき具合によって爽快感は変わってきますが、この感覚をかんじられる瞬間が幸せで愛おしい。

授乳中のママの特権です♡そう考え方を変えると授乳中の肩こり、腰痛、首の痛みなどマイナートラブルも幸せを増幅させるスパイスだと思えてきますね。

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛されるスルメ妻|エレガントプレママ&生きるパワースポット妻のマインドを日々磨いている|お酒と主人、一人遊びをこよなく愛す元ネガティブ社畜保健師|ネガティブぼっち姫歴20年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。