日常での小さな選択を変えてみる

自分の状態で見える世界の景色が輝いて見えたり、グレーに見えたり、真っ暗に見えたり。

すごく調子がいいな〜という日は、物凄く1日がキラキラ輝き、今日はいい日だったな〜と思える。

けど、なんだか調子が良くない、辛いな〜、きついな〜、めんどくさいな〜といった自分の状態が良くない時は、どうも人は「自分にとっての好き」という基準で物事や捉え方を選択できなくなる。

頭で考える癖が染み付いてしまうと、

「こうあるべき」

「これが正解」

と知らぬ間に考えてしまう。

出産後、体がボロボロで不安が大きいときに襲ってきたのが「こうあるべき」の魔女。

呪文にかけられたように「これしないと」という不安や焦りに突き動かされていた。

 

頭で考える癖がついていると、ちょっとした日常の選択にも

  • 周りはどうか
  • 時間はかかるか
  • 高いか、安いか
  • カロリーは
  • コストパフォーマンスは良いか
  • 自分にとって得か
  • お金儲けになるか

などという思考で選んでしまいがち。

こんなことは関係なく、

自分の気持ちで何に一番惹かれるか

今どの気分か

で選んでいい。

まずは、「パッと」目に入ったものを選んでみるのも一つ。

 

パッと目に入った「レンティオ」でレンタルしたカメラで実家で撮影会。

カメラの使い方に試行錯誤しましたが、娘の可愛い写真がいっぱいで幸せに。
撮影後は、パッと思いつきで、人生で2回目のシフォンケーキ作りをしました。
案外美味しくできました。

これも自分がご機嫌だったからうまくいったのでしょうね。

 

●育児の合間に幸せになる一歩
昨日、運が良かったことを3つメモする。
午前中にいろんな媒体から気になったフレーズをメモする。
そのメッセージから、今日の私ができることをメモする。
できることを実行してみる。

 

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。