物事にはタイミングがあるんですね。

どんな出来事もタイミングがある

私が、このタイミングで妊娠したのは、私にとって一番良いタイミングだったのかもしれません。

2月が予定日なのです。

私は、お母さんやお父さんが忙しいと思い、里帰りは頭の隅にもありませんでした。

また、私が希望していた出産の病院の条件が以下。

  • 自宅から30分以内
  • 立会い出産可
  • 個室で綺麗
  • スタッフが明るい、元気
  • 料理が美味しい
  • 私が辛い時、赤ちゃんを預かってくれる
  • 飲食持ち込み可能
  • 静かな部屋
  • 4Dエコーあり
  • 費用:55万以内
  • LDRまたは無痛を選べる
  • 検診の待ち時間1時間半以内
  • 主人も泊まれる

こんな病院は東京にしかないのでは・・・と思っていたくらいです。

妊娠を母に早めに報告したところ、里帰り出産を強く勧められました。

「産んでから1ヶ月は何もしない方がいい」

「(主人の名前)くんのことは何もできないよ」

「うちにいた方が、ゆっくりできるよ」

「2月は忙しくない。3月が忙しくなる」

っと優しく言ってくれたのですが、私はまた反対されたと思って強く嫌がりました。

また、私はどうしてもその条件に満たない病院は嫌だったのです。

 

そして、先日、母は、私が産まれたクリニックで産むのが良いのではと伝えてきました。

しかし、私は聞く耳を持たなかったのです。

どうせ、そのクリニックは、私が希望している条件はクリアしていない。

また、田舎であるため、絶対にこの条件に満たす病院はないと勝手に思い込んでいました。

 

主人にもこれじゃないと嫌と自分の主張ばかり。

自分のことばかりしか考えられず、主人にあたってしまい、口喧嘩の夜もありました。

 

翌日、私は、父に妊娠を報告し、母と話したことを伝えました。

父も同じように、

「お前が産まれたところで産むのがいいんじゃないか」

「家にいた方が、安心やろ」

「2月は、忙しくない。忙しくても手伝うやろ」

「(主人の名前)くんは、今仕事に集中しないといけない時期やろ。育児はできんやろ」

「お父さんもお風呂に入れたり、育児するよ〜」

「自分のことばっかりやないか〜笑」

っと。

 

父に相談して、

なぜか、その言葉が、私に、すーっと

入って行きました。無痛じゃなくても無事産まれれば、それでいいのかも・・・と。

私は、父が好きです。そして、父も、第1子である私のことが大好きなのです。

赤ちゃんが教えてくれたのかもしれません。

<赤ちゃんから私への言葉>

ママ、ゆっくり過ごしてね。笑顔でいてね。実家にいたら、ゆっくりできるよ。

ママが、イライラしないでゆっくりできることを優先してね。

出産の痛みを経験するのもいいかもしれないよ〜。

この痛みを体験できるのは女性の特権。

一度、陣痛を楽しむこともいいかもよ〜。

 

検索&問い合わせしてみると

私が産まれたクリニックへ、問い合わせてみました。

深川レディースクリニックです。http://fukagawa-ladies.com

そしたら、なんと以下回答が!

分娩費 42万+5〜6万(部屋代)
個室代(=部屋代) 3000〜5000円/日
施設 綺麗
無痛 希望すれば可。4〜5万円
立会い 主人or母のみ可。他の人は要相談
クレジット 不可
食事 美味しい
距離 実家から20分(車)

 

流れが悪い時は、待つ

物事には何でも、時期があるんです。私や物事にとって、「最高の時」をそろえてくる。

そう思えました。

何かにすがりついている時は、なかなか叶いませんね。

どんな時も、待つ時は、私がワクワクしそうと思ったことを選んでやってみて、日々笑顔でいる。

そうすることで、良い流れが再び来たり、

今抱えていることも、一番良いタイミングで必ず動くんですね。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。