生かされてることの喜びを知る

4月中旬までの私は

もう消えたい消えたいという気持ちばかりで

腐っていた気がします。

腐ってる私

なんにもできないでいる私

恵まれてるのに、どうしてもっとできないんだろう

幸せなのに、

っという気持ちが膨らんで、発狂していました。

 

だけど、そこで感じたものはとっても大きかったし、

財産なんだと気づいたんです。

わたしがなんで生きているのか?

その問いの答えは一つ

娘が生きてるから

娘が生きてるから

娘のためにジュニアニーサを積み立てておこう

貯金も残しておこう

エンディングノートも書いておこう。まだ書いてないから書かないと。

娘が好きなことを忘れないように、今の娘の好きなことを書き留めておこう。

私が死んだ後のパソコンのパスワードや証券会社や銀行の暗証番号も残しておこう

とか

色々やりたいことがあって

消えることができないっということがわかったんです。

あー私って

生かされてるんだなーと

しみじみ感じたんです。

 

あの人はすんなり自分の始末をつけられるの私はどうしてつける勇気がないのだろう

なにも好きなこともやりたいこともないのに

生きがいもないのに

生きてていいんだろうか

生きてる方が迷惑かなぁー

そんなことを考えることは今でもあります。

消えたいという気持ちは消しゴムを使ってもなかなか消えないから

これから付き合っていく必要があるんだろうな

そう思った4月でした。

いいこともたくさんありました。

学ぶこともたくさんありました。

しんどい、きついと思うこともたくさんありました。

だけど、この気持ちや経験は

この世でしか味わえないことなので

お空の世界では愛と感謝しかないから、

それ以外の感情は

この世で味わうしかない。

しんどいけど

きついけど

それが財産になる時がいつかくるんだと

思うのです。

ABOUTこの記事をかいた人

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。