産後二ヶ月までの母体トラブル

娘が生後一ヶ月を過ぎた頃の私自身のトラブルです。
産んでから一ヶ月は安静にしていたつもりだったのですが、家事やら何やらやってしまい、心身ともに無理をしていたようです。産後の肥立ちが悪くなってしまいました。

【精神的なつらさ】なぜきついんだろう・・・

産後一ヶ月目に入って1週間経った頃

ちょうど、お宮参りに主人が帰ってきて、生活リズムが乱れたこともあり、
ちょっとしたことでイライラするようになったのです。

そのイライラを父母にあたり、そのことで罪悪感に苛まれていました。

その後母もきつい状況に。母も爆発。

母がそうなってしまったことにも罪悪感でいっぱいで、イライラや不安を抱え込んでしまい。
未来が怖いと感じてしまっていました。

娘が傷つく映像が目に写るつらさ

イライラや不安を感じていたと同時に、よく目に浮かんでいた映像が
「娘の耳が切り落とされる」
「タバコを押し付けている」
「お風呂に娘を落としている」
「娘の目が潰れる」
など娘が傷ついている映像。
自分が娘にそれをしてしまうんじゃないかと怖くて怖くて仕方なかった。

その映像が目に浮かぶと涙が止まらなくなり、イライラが収まらなくなるのです。
外出する気も出ず、食欲もなくなる。
何が食べたいのかわからなくなったり、食べたいものも食べると太ると思ってしまい食べたいと思えない。

イライラ爆発して、飲んでしまった時の写真。娘には申し訳なくてしょうがなかった。

その時期、娘は眠ったと思って横に寝かせたら泣く状況でした。背中スイッチが発動したように起きてしまうのです。
疲労困憊していた私。両親に寝かしつけをお願いしていたのですが、布団に置くと泣く。横で寝ていた私も起きてしまう。細切れになってしまい、眠れず。
見かねた母が隣で寝てくれていたのですが、母のいびきで寝付けず。
それに対してもイライラが募っていました。

どうしてみんな私の足を引っ張るの?
どうして私の負担を増やすの?
どうして私はうまくいかないの?
どうして私の邪魔をするの?

と、「どうして?」の負の検索スイッチを発動していました。

私の居場所はどこ?

私の居場所はどこ?どこにも居場所がない

そう感じてしまう毎日。苗字が変わっても義実家の人間でもないし、実家の人間でもない。
私は誰なんだろう。。。。と思ってしまい、ただ涙していました。

虐待ニュースで負のスパイラルに

調子が良い日もあったのです。夜、父母と娘と三人で家族団欒の時間を持てる日もありました。

しかし、たまに入ってきてしまう虐待のニュース。
娘に対して、そういうことをしてしまったらどうしよう、娘を傷つけている映像が目に浮かんで、また苦しくなる。

ガリガリに痩せてしまったら
死んでしまったら、

自分自身が強くて、苦しい。

【身体的つらさ】心のつらさが軽減されると次は体へ

少しずつ食べるようになり、イライラが軽減されていた頃、
次は体のトラブルが出てきました。

はじめに出てきたのが、首のコリと違和感。その後、肩こり・腰痛にも発展。

きわめつけは、腱鞘炎のような手首の痛みとむくみ、足がジンジンするくらいの足のむくみでした。

手のこわばりが強く握力も落ち、全身の疲労感や倦怠感が強い。

いつまで続くのか、、、と涙しました。

大丈夫。何かあっても意外とすぐ終わるから。

これまで、仕事が辛かった時、仕事以外で辛かった時、婚約破棄で辛かった時、いろんなつらさがありました。

今思えば、そのつらさも確実に今終わっていることで、過ぎてみれば小さな悩み。
大変大変とあわあわしていたとしても思った以上に
早く終わる。

だから、今
心も体もつらい状況でも
いつかは終わること

そう思うと安心できますね。

逆に今感じている幸せも、思った以上に早く終わる。

そう考えると、今の幸せをかみしめて、幸せにフォーカスする方が、
未来が輝くんだと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛されるスルメ妻|エレガントプレママ&生きるパワースポット妻のマインドを日々磨いている|お酒と主人、一人遊びをこよなく愛す元ネガティブ社畜保健師|ネガティブぼっち姫歴20年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。