究極の愛

ありがとうの魔法という小林正観さんの本を読んでいて、
気になった言葉を書き出してみました。

究極の愛の形は、

ただ、相手のそばにいてあげること

時間的に、距離的に、地理的にそばにいるのはもちろんのこと、たとえ距離が離れていても、精神的にいつもその人のそばにいてあげること

うーーーー(涙)

娘、ありがとう

そう感じちゃいました。

私が辛いときにそばにいてくれたのは娘。

泣きたいとき、叫びたいときにそばにいてくれたのは娘。

なんて愛の塊なんだ、娘は!!!!

娘は特別なことをしてくれたわけじゃなくて、そばにいてくれて

ただただ一緒にいてくれた。

それだけでも私は精神的に救われた。

娘の笑顔に何度救われたことかわからない。

究極の愛を知っていて

それを見返りも期待せずにしてくれる娘って

すごくってすごくって、

ありがたい存在です。

そんなことを感じた日。

 

ABOUTこの記事をかいた人

無職のシンママ|笑美心のマインドを日々磨いている|子育て中でも1人時間をいかに確保するかを考えている|投資家|あらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠、お金)を手帳に書き、叶え続け笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。