全てがつながっているからこそ、良し悪しはない世界の生き方

今回は、こちらの書籍のご紹介。

著者は、冒頭で、

記憶に残る弁護士事件から

同じ星に暮らしている同胞であるということを意識し、愛を送るようにしている

そう気づきを得たと書かれています。

この考え方って、

わたしも最近やっと理解できるようになってきたかも・・そう思ったんです。

わたしは、最近ある物販の会社に投資をしたのですが、

その会社の実態が自転車操業だったとわかり、お金が返ってこない可能性が

高いことがわかりました。

それが判明したとき、同じ仲間の一部は、

怒り狂い、恐れや怒り、不安、損得勘定からの突発的な行動をしたのです。

弁護士と相談し、内容証明などを送ったり警察に相談したり。

だけど、わたしは、愛でお金を出していたんです。

その会社を応援しようと思って出した。

だから、怒りや不安にまみれることはなく、

逆にそういうこともあるよね・・・と受け入れることができました。

その会社の社長も、内心はすごく怖くて怖くてしょうがなかったんじゃないかと

愛で見れる事ができた。

ここまで来るのには、いろんな思い通りにならない出来事を

経験し、そこで何度も愛を見る訓練をしてきたからじゃないかと

思うのです。


そんなことを考えつつ、一つ一つを読み進めてみました。

今回は、この本の著者の考え方で共感したところや感想をシェアします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

競わない生き方 (知的生きかた文庫) [ 秋山 佳胤 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

楽天で購入

 

 

問題を問題視しない

善悪というラベリングをするから、問題が発生する。

いい悪い

正しい正しくない

○か×か

そういうラベリングで人は勝手に苦しんでいる。

わたしもそうだったから。

働いているのは良くて、働いていないのはダメだというラベリングをしていた。

育休中、そして無職になって、苦しかったのは

そのラベリングがあったから。

頑張っているのが良くて、頑張っていないのはダメだ。

そういう考え方では、こころの平穏は得られない。

疲れ果てるだけ。

お手上げ状態にならざるを得なくなる。

問題を問題と認識しなければ、それはもう問題じゃなく

ただの出来事。

出来事に対して、評価を下すから問題になるし、

解決しなくちゃと思ってしまう。

良し悪しを判断せずに、ただ起こった出来事と

すれば、悩みなんてなくなってしまうのだと思う。

 

みんなつながっている

私たちは

潜在意識で繋がったたった一つの存在。

これからは、個から統合の時代へ向かう。

そう著者は言っています。

著者以外も同じようなことを言っている方をたくさん知っています。

わたしがこの言葉をたくさん見聞きするということは、

それが重要なメッセージなのでしょう。

わたし達が生まれる過程を見ていくと

本来は一つだったんじゃないかと思うのです。

母と子はお腹の中で一つだった。

だけど、産まれることで、二つに別れた。

別れることで、孤独を感じてしまうけど、

その孤独という感情を味わえる。

お腹の中にいた時は孤独という気持ちもわからなかっただろうな。

宇宙は夢をサポートしてくれる

宇宙の真理は、

わたし達が願うことを宇宙は叶えてくれるということ。

宇宙は、私たちに問いかけをしているのだそう。

「どういう創造をしたいですか?」

「どういう世界を作りたいと思ってますか?」

具体的なビジョンを描いたら、あとは、一人でやろうとしないこと。

わたしも、振り返ってみると、

自分一人で頑張ろうとしていることは、案外大変でうまくいかないことが

結構あった気がする。

だけど、まだわたしは実験中。

創造したいことが叶うような

叶わないような、よくわからない状態が、今のわたし。

確かに、妊娠出産ということを創造して、叶ったけど

シングルマザーは想定外。

今となっては、経験できて良かったこと。

まとめ

先日、近所の小学校の運動会をチラッと見た。

運動会があることを知り、車でちょこっと見に行った。

数十秒であったが、涙が出てきた。

未来の娘を見ているようだった。

この瞬間、著者が本の中で言っていたように

未来・今・過去は全て同じ時間軸にあるんじゃないかと

ふに落ちた気がした。

そういう未来もあるし、

そうじゃない未来も無数にある。

だけど、今を私たちは生きているのであって、

未来に生きているわけじゃない。

今、やりたいことをやらなくて、いつやるのだろう。

そういえば、娘への悩みが年々減っていっている。

わたしが娘に起こる出来事を問題視しなくなってきたからかもしれない。

なんにも問題なんてなくて

ただ出来事が起こっている。

だけれど、娘はどんな娘でも完璧な存在なんだと。

娘がそうなら

わたしも今のままでも充分なんだと思えてくる。

そう感じた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

競わない生き方 (知的生きかた文庫) [ 秋山 佳胤 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

楽天で購入

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

無職のシンママ|笑美心のマインドを日々磨いている|子育て中でも1人時間をいかに確保するかを考えている|投資家|あらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠、お金)を手帳に書き、叶え続け笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。