笑顔溢れるひと時をフォトウェディングで

主人とのフォトウェディング

私たちは、明治神宮前駅の近くにあるフォトウェディングスタジオでフォトウェディングを楽しんできました。

主人は、お昼ご飯を食べるので、少々遅れてきましたが、私は先にヘアメクへ。主人も到着し、ヘアセットへ向かっていました。

スタッフさんとメイクのことや髪型のことを話して、とても楽しかったですし、お優しい方々ばかりで、ここで撮影できてよかったと思いました。

主人がいる部屋からは、主人の髪を整えてくださっているスタッフさんが「コシがありますね〜」と主人の髪を褒めていたのが、とても面白く印象に残っています。

こちらがお部屋で撮っていただいたお写真。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に仕上げてくださって、大変ありがたかったです。

控え室から隣のスタジオへ移動して、主人を見た私♡。とてもかっこよくて、歓声を上げてしまいました。

撮影も終始笑顔で、笑い声溢れる撮影。

主人は最初ガチガチに緊張していたのですが、私が、「かっこいい!」「もっと近づいてよ」などなど笑っていると少し落ち着いたようでした。

撮影後は、二人で写真選び。両親へ渡す写真と私たちが玄関に飾る7枚の写真を選びました。

私一人のソロショットを4枚中1枚選ぶ際に、スタッフさん・主人・私とも同じ1枚を選び、私と主人・そしてスタッフさんとも良い関係性が築けていたのかな〜と感じました。

主人のソロショットは、すべて欲しかったですが。。。。。未来を見据えている写真を採用しました。私たちの輝かしい笑顔溢れる家庭の未来を考えているような表情で、とても暖かい写真です。

主人を笑顔にするのも妻の力量♡

最初、私のウェディングドレス姿を見た主人は、ガチガチに緊張していて、、、、笑顔がなかなか作れないのかもしれないと頭をよぎりました。

男性は、笑顔を作るのが苦手な方が多いような気がします。私の主人も昔笑顔が苦手を言っていましたし、私の父もあまり写真での笑顔は少なかったように感じます。やはり、身構えてしまうのかもしれませんね。

そういった主人が緊張している時に、

女性の方から、軽やかに笑顔とユーモアで緊張を解きほぐすことで、主人も安心して、いつもの家庭のような気持ちで微笑ましく笑顔が溢れ出てくるんですね。
とても素敵なお写真を残すことができ、毎日見て、主人と幸せに浸りたいです。

主人との愛を育む上で大事なことは、軽やかな思考と、ユーモアと溢れる笑顔ですね。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。