美しく・幸せな心を作るための3:1の法則

幸せになるためには、

3:1を意識してみて。

この3:1って何かというと。

3(ポジティブ感情):1(ネガティブ感情)

を言います。

この割合は、ポジティブ心理学者のバーバラ・フレデリクソンさんが科学的に実証した研究結果で

幸福度が高い人は、ネガティブな思考・ネガティブ感情が1に対して、3以上のポジティブな感情・思考を体験しているという結果が得られているんです。

逆に、幸福度が低い人は、ネガティブな思考・感情が1に対して、ポジティブな思考・感情は1、となっているんです。

日常生活でもこの3:1を意識することで、ストレス下でも、心軽く生きていくことができるようになるんですね。

例えば、

恋人と1回喧嘩した場合は、3回以上好きという。

恋人の嫌な部分が見えた時は、3つ以上相手の素敵な部分を書き出してみる

友達とギクシャクした場合は、「ありがとう」という感謝の言葉を3回以上伝えてみる。

 

こんな風に少しずつ、無理なく日常生活に取り入れると、

少しずつ、あなたの心が軽くなり、それが雰囲気に表れ、美しくなります。

実践 3:1の法則

 

まずは、日記帳や手帳の隅に今日良かったことを

夜寝る前に書き記してみてください

そうすることで、今日起こったストレスを打ち消したり、心を落ち着かせることができます。

無理なく続けることが大事ですので。

日記

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。