聴いてくれる人がいる安心感

話を聞いてくれる人がいるって、

とてつもない安心感に包まれるんです。

聴いてもらえるのが当たり前って思ってしまいがちなのですが、

聴いてもらうだけで、

自分の中にある答えが見つかったり

気づかなかった自分の良さや課題に気付けたり

思いも寄らない発想を発見したりする。

聴くってすっごく大事

「聴く」って大事だと分かっていても、

ついつい聴けていないことってあると思うんです。

相手の話に口を挟んでしまうこと。

「そこはもういいよ」

「さっき聞いたよ」

「それは違うんじゃないかな」

っと話の途中で気づいたら口を挟んでしまう。

逆に口を挟まれると嫌ですよね。

口を挟みたくなる気持ちをコントロールして、相手の言っていることを聴く。

聴き方は意識しないと、すぐ元に戻ってしまうから、

毎日練習ですね。

聴いてくれる人の存在はありがたい

ペーパードライバーの私。
車の運転にかなり不安があって、その不安を聴いてくれた父。

娘と二人暮らしへの不安や、離婚後の生活について相談に乗ってくれた母。

子育ての不安を打ち明けて、アドバイスをくれる両親。

聴いてもらえるって、幸せなんです。

聴いてもらえる相手がいることもありがたいのです。

聴いてくれる人がいる、それだけで

人は安心できるんですね。

ABOUTこの記事をかいた人

無職のシンママ|笑美心のマインドを日々磨いている|子育て中でも1人時間をいかに確保するかを考えている|投資家|あらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠、お金)を手帳に書き、叶え続け笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。