自分を愛するために

この世界って

想像以上にやさしくて自由。

私たちの誰かが想像したものが現実に出てくる。

私が使っているマグカップだって、誰かが創造して作ったもの

私のiPhoneも、誰かが創造して作ったもの

世界は自分がどう関わるかで全部決まるんだ。

幸せを感じて、豊かな日々を送るには

「自分のことを愛して、本音で生きる」

ラブレターを書いてみよう

自分を愛するために、自分ラブレターを書いてみました。

アランコーエンさんと本田健さんの対談をYouTubeで見たのです。

 

ざっくり書くと、離婚できなくて悩んでいる人が自分へのラブレターを自分で書いて、スムーズに離婚できたという話。

ラブレターの書き方

謎の恋人から私宛のラブレターを描くのです。

私が私宛に書くラブレター。

私のことを愛している第三者の視点で自分宛にラブレターを書く。

ラブレターを書くことで、

私が自分のことを愛して、誰かに愛され、必要とされることが実感できる。

「私は愛される存在」

「理想の男性と出会える」

と感じ始めることができ、私自身の波動が上がる。

なので、旦那さんは離婚か自分の波動をあげるしかないそう。

実際やってみた。

娘も私も今のままでいいんだ

愛してくれる人がいるんだ

そう実感することができた。

私が書いたラブレターの中で1番心に響いたフレーズは、

「希望と〇〇(娘の名)が必要なんだ」というフレーズ。

自分で書いたのに、グッっと来ちゃいました。

ラブレターっていいですね。

波動が上がったように感じました。

幸せであることに気づく

娘とお風呂に入った今日。

いつもはじいじが入れてくれるんですが、今日は私でした。

とっても幸せで楽しい時間でした。

娘の笑顔が癒し。

私のおっぱいを摘んできたり

ほっぺをくっつけ合いっこしたり

頭と頭をゴッツンコしたり。

あー幸せだって思った。

幸せに気づけば気づくほど波動も上がる。

そして理想のパートナーを引き寄せるんだと思うのです。

ラブレターも、娘との時間で幸せを感じることも波動が上がること。

自分を愛することがデフォルトになるように、波動をあげていこう。

それが豊かな人の習慣だから。

娘、豊かだなー

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。