豊後大野市滞在記③ 陽だまりのような日常

豊後大野市滞在3日目。

豊後大野市での子育て生活をイメージして生活をしてみました。

□3日目の生活□
7:00 起床 日の出ととも娘が泣き、目が覚める
8:00 娘の離乳食&家族の朝食
9:00 洗濯物を干したあとボーッと娘と共に朝寝
11:00 縁側で日向ぼっこをしながら、テレビをボケーっと。
12:00 昼食
13:00 「道の駅あさじ」と「道の駅おおの」へお買い物
16:30 洗濯物を畳む&家事
17:30 娘とお風呂
19:00 夕食
20:00 主人とテレビ
21:00 就寝 主人はテレビでターミネーターを鑑賞

二日前に到着してから慌ただしく過ごしていたので、ホッと一息ゆっくりのんびり過ごした1日でした。

道の駅あさじ

道の駅あさじでは、以下を購入。
☑︎ ピーマン
☑︎ 鹿肉ガーリック焼き
☑︎ 紅茶いのしし
☑︎ 豆乳シフォンケーキ
☑︎ とうふのかりんとう

鹿肉とイノシシ肉を推していたので、今日は、ジビエ料理にしようと主人と決定!

また私の大好きなかりんとう。色んな種類のかりんとうが目白押しでどれにしようか迷いましたが、今回は「とうふのかりんとう」を購入。

ピーマンも青々としており「ピーマン!!」と主張しているように見え、美味しそうだな〜と直感で感じました。

道の駅おおの

道の駅おおのでは、以下を購入。

☑︎ ほうれん草
☑︎ ゴールデンキウイ
☑︎ しいたけ

大好きなゴールデンキウイがあったので、朝食にいただく予定です。

ほうれん草も青々。新鮮さと栄養価が高いことが見た目でわかります。

今日はそんな道の駅で購入したものとスーパーで購入したものを使ってお料理してみました。

豊後大野市の食の魅力

◎本日のディナーのメニュー◎
◾︎ ほうれん草のお浸し
◾︎ かぼすぶりのお刺身
◾︎ 紅茶いのしし
◾︎ 鹿肉のガーリック焼き
◾︎ 椎茸の出汁
◾︎ ピーマンとおじゃこの炒め物

主人の感想は、

「う〜んまい!ピーマンがまるでフルーツみたい」

フルーツという例えがあっているかなんとも言えませんが、
ピーマンは、歯応えの弾力性が強く、噛んでも噛んでもシャッキシャキ。ピーマンを包丁で切った時に強い弾力を感じました。苦みが少なく噛めば噛むほど、味が出てくる美味しさ。塩だけでも十分に味を堪能することができるのです。

次にほうれん草。ほうれん草も食感がよく、お浸しにしてもシャキッとした歯応え。ほうれん草そのものの味を強く感じることができるが、えぐみがない不思議。

鹿肉は、鶏胸肉の燻製みたいな感じでパサつきがあるが、食べにくさを感じさせないように調理されている。

紅茶イノシシは、チャーチューのような見た目と食感と味。イノシシ肉の臭みはなく、脂身も感じられる。ビールや日本酒のつまみに合うお味。パンに挟んでサンドイッチにしても美味しそう。

娘にはほうれん草を潰したものを。
与えてみるとぱくぱくと。ほうれん草はあんまり食べない娘が食べるとは!驚きでした。

都会の騒音や人混みから離れた休日は、温かな時間とゆったりした流れをより感じさせてくれました。

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。