進撃!?アラサー育休後の給与明細

最後の給与明細が届きました。

 

ああこれで最後かあ〜と思いつつ

給与明細をみて

衝撃を受けました!!!!

わたしが受けた進撃の巨人3体をご紹介します

 

進撃①マイナス表示

マイナスってなにーーーーー!!!????

 

初めてです。

給与明細でマイナス表示になったのは。

まず初めの進撃が、マイナス表示の巨人。

 

マイナスの巨人があわられた原因は、

産休育休中の住民税。

毎月の住民税が積もり積もって巨人化しました。

マイナスの巨人を投下!!!

会社が立て替えていた分を徴収してかかったんです。

借金とりと同じくらい若干の恐ろしさを感じました。笑

 

だけど、その分を考慮して

育休中は予算から引いてましたので

まあなんとか払えるし

今回の給与から差し引いてくれればいいので、

わたしにHPにはさほどダメージなし。

 

だけど、立替金精算が住民税のはずだが、

控除になっているのはなぜだろう・・・・

 

現在、人事担当者へ問い合わせ中だけど回答がまだない・・・

 

進撃②安月給

 

あまりにも基本給が安すぎて…

ダメージ大。。。。

 

今まで30万くらいあって、税金や社会保険料が引かれて

手取り22〜25万でした。

なのでわたしは基本給が低くても残業してた風に見せていたので

まあかなり安月給だけど、残業込みだとしょうがないかなあ〜と思っていたくらいでした。

 

だけど実際こうやって給与明細で確認すると

 

安すぎるだろー

っと悲しくなったのと合わせて

辞めてよかった。

そう思いました。

今年の4月に妹が初任で田舎の小学校の先生になったのですが

妹の初任給より低いやないかい!!

 

っとつっこんでしまいました。

 

年功序列の世界では、若い20〜30代の給与は安く買い叩かれる世界。

割りに合わない。

 

これまで真剣に

【稼ぐ力を高めること】

と向き合ってこなかったツケなんだと思います。

自己投資はたくさんしてきました。

読書はもちろん、保健師として使えるセミナーやMBAのクリティカルシンキングなど

いろんな知識を吸収して稼ぐ力を高めよう

人的資本を高めていこう

としていたのですが

的外れで

転職だったのかも知れません。

 

だけれど

転職していたら、産休育休も充分に取れていなかったわけだし

育児休業給付金も充分な額はもらえなかったでしょうね。

 

それを考えると

今の会社に所属していてよかったとは思います。

稼ぐ力はレベル10にも達していないことを進撃として教えてくれた安月給。

そういう意味ではダメージ大です。

進撃③社会保険料/税金

なにごとも一長一短があるわけで

それに気づいたら、受け止め

改善していけばいいと思うんです。

収入が下がったのに

社会保険料や税金の負担は減らない不思議。

年金を納めるのもきつい。

節税の知識や社会保険の仕組みを知り

制度を上手に活かしていかないと搾取され続けます。

そう搾取という名の進撃。

やっと税金や社会保険料などの納税に関して知識を吸収していってるので

進撃を防御できる大きなタテを必ずや身につけます!

 

まとめ

そうヤバいヤバいと言ってきましたが

わたしもただぼーっと取られるのを見過ごしていたわけではありません。

今のわたしには不労所得があります。

社債の利子や積み立てニーサなど投資をしています。

 

出産で会社から離れたからこその情報だと思うのです。

 

ノーペイン
ノーゲイン

リスクを背負わなければリターンはない

失うからこそ得られる

手放すからこそ、そこに空白ができて新しいより良いもので埋めようとする

会社を辞めなければ、娘と笑顔で過ごせない状況になったからこそ

知恵を振り絞り

情報収集して

かんがえて

行動したからこそ

 

愛してたかわからない会社を辞めることができました。

 

会社を辞めないと思っていたわたしが

子どもを産んだことによって辞めるという選択をしたんです。

私は辞めないから大丈夫と思っていても

未来はわかりません。

 

ネガティブを想定して

準備をしておくことも大事だと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。