顔を見て、手を止めて、ミッフィーになって話を聴こう

娘が何か話している。

ば〜い

ちゅおこちょこ。

うーん、あおー、わー、

とことことこ。

うにょてぃうんうん

ねんねんちょ、ちょちょ〜。

なんて言っているのか、わかんないけど、

どうしても家事や掃除を優先して、娘の話を何かしながら聴いてしまうことってないでしょうか?

何かしながら、話を聞かれると、

ちゃんと聴いてもらえてないって大人は思いますよね。

子どもだってそう。

娘、よく私のことを見ているんです。話を聞いてくれる時とそうでない時がわかっているみたい。

毎回できるわけじゃないけど。

1日一回は、娘の話をしっかり聞く時間を持ってます。

横になって、娘が言っていることをしっかり聴いて、娘をよしよしするんです。

「そうなんだね。」

「今日はどうだった?楽しかった?」

「今日はこんなことしたね。楽しそうだったね。」

そんな言葉をかけてあげる。

ありがとう、ママ幸せだよ

って、お返事するんです。

あ〜幸せをいただいてるな。そして娘も幸せそうに笑うんです。

毎回はできないけど、1日1回でもやって行こう。

その1mmの積み重ねなんだと思うのです。

大きなお耳で、目をパッチリ開いて、お口をチャックして、子どもの話に耳を傾けてみる。

ミッフィーちゃん、オススメです♡

サンプル HTML ページ

ABOUTこの記事をかいた人

kibou

溺愛される生きるパワースポット妻|笑美心のマインドを日々磨いている|娘と主人、お酒、ハーブティーをこよなく愛す|不安定な心を持っているのにメンタルカウンセリング歴10年の私が、「心理学と手帳に書く」ことだけであらゆる夢(恋愛、仕事、結婚、妊娠など)を叶え、笑顔と愛に溢れる日々を綴っています。